環境会議所東北KKT
環境甲子園
環境甲子園とは
NPO法人環境会議所東北は、平成13年から高校生の環境活動を支援する『環境甲子園』を実施しております。
『環境甲子園』は、環境と共生した社会の実現を目指し、エネルギー問題(省・創・蓄)やゴミ問題などさまざまなテーマで高校生の環境に関する取り組みを募集するコンテストです。
環境甲子園の実施
高校生の方々に、環境問題に関する様々なテーマについて研究・調査して発表していただき、それらについて表彰させていただきました。この応募を通して、自分達の周りで起こっている様々な環境問題について深く知り、解決策などについて考える事により、省エネルギーや資源循環についての活動の広がりにつながります。
環境甲子園へのエントリー[2016年は4月20日〜 今年度のエントリーは終了しました]
※第16回(2016年度)の結果を発表しました
環境甲子園エントリー用特設ページをご覧ください。
 こちらをクリックして下さい、(別ページが開きます)
第16回環境甲子園結果発表(2016年度開催)
過去の環境甲子園 受賞校
第15回環境甲子園
テーマ〜自分たちが創る未来のために、今、できることは?〜       
優秀賞
青森県立名久井農業高等学校
青森県三戸郡南部町下名久井字下諏訪平1
TEL:0178-76-2215
担当教諭:木村 亨
チーム名:チームフローラフォトニクス 10名
作品名 環境調査に基づいたサクラソウ自生地保全へのアプローチ
優秀賞
岩手県立遠野緑峰高等学校
岩手県遠野市松崎町白岩21-14-1
TEL:0198-62-2827
担当教諭:村上 利行
草花研究班 7名
作品名  廃棄されるホップの主蔓の有効利用に関する研究  
       〜ホップ農家の6次産業化と新たな紙漉き文化をめざして〜
優秀賞
宮城県農業高等学校
宮城県名取市高舘川上字東金剛寺1番地
TEL:022-384-2511
担当:部顧問 尾形政幸
科学部復興プロジェクトチーム 11名
作品名 バラで被災地を変える  〜希少なツーリーの日本増殖と被災地活用に関する研究〜
他 特別奨励賞 2校